27.jpg

家族が幸せであり続ける未来を、創造する。
Smile Story inc. | Bridal Plus | mellow 
 

PROFILE

社  名 Smile Story inc.
     (スマイルストーリー株式会社)
本  社 愛知県名古屋市東区東桜1-10-34
設  立 2011年12月22日

資 本 金 7,000,000円
役  員 代表取締役 中野 莉那(渋田 莉那)
     執行役員  奥村 恵里香
取引銀行 三菱UFJ銀行
事業内容 国内・海外結婚式プロデュース
     デザインプロデュース
     バウリニューアル・記念日プロデュース
     フォトスタジオの運営
     親子カフェの運営
     コンサルタント・講師・セミナー
     企業や地域イベントの企画・デザイン・運営

 

HISTORY

2010
フリーランスとして独立

─────────────────────
2011
株式会社Bridal Plusとして法人化


2014
Smile Story株式会社に社名変更

───────
2015
史上初となるナゴヤドーム・名古屋港水族館・中川運河倉庫での結婚式を実現。日本人初となるハワイのKONISHIKI HOUSEでの結婚式を実現
<MEDIA>
・東海テレビ
・中日新聞/毎日新聞/読売新聞/中日スポーツ
・Letibee主催 八芳園開催「LGBTs BRIDAL CONFERENCE」登壇

────
2016
史上初となる安城産業文化公園デンパーク・名古屋陶磁器会館での結婚式を実現
安城市主催の婚活イベント「ブランピングピクニック」を企画・運営
<MEDIA>
・ブライダル業界紙「The Professional WEDDING」婚活特集
・全米ブライダルコンサルタント協会年次コンファレンス第15回 登壇
・BMCA(ブライダルMCアライアンス)中部支部名古屋勉強会 登壇

────
2017
史上初となる日本福祉大学での結婚式を実現
<MEDIA>
・日本テレビ「スッキリ!」/メーテレ「ドデスカ!」/ケーブルテレビ
・Wedding Lapple主催「新規から繋がる提案力を深めよう」登壇
・名古屋文化短期大学 講演

────
2018
史上初となる与論島「ヨロンビレッジ」での結婚式を実現
<MEDIA>
・KTS鹿児島テレビ

────
2019
オンライン結婚式「リモートウエディング」のリリース
<MEDIA>

フジテレビ「とくダネ!」/NHK「まるっと!」/日本テレビ「ZIP!」/CBC「チャント」/名古屋テレビ「アップ!」/ MBS「ミント!」/福岡テレビ「めんたいワイド」/テレビ朝日「グッドモーニング」

日本経済新聞/中日新聞/

ゼクシィ / VOUGE GIRL / Warker+

────

2020

新事業サスティナブルドレスの製作・フォトウエディング・デザインプロデュースの「mellow wedding」を設立

────

2021

子育て支援事業・カフェ&フォトスタジオを名古屋テレビ塔前に「家族が幸せであり続ける研究所をOPEN

PURPOSE

パーパス|私たちの志命


家族が幸せであり続ける未来を、
創造する。


2011年、東日本大震災の年に法人を設立しました。「笑顔の人生をつくる会社」としてこれからともに生きると決めたパートナーとの新しい人生が最高の門出になるよう結婚式でふたりの想いを実現することに尽力してまいりました。
2020年、新型コロナウイルス感染症の影響で多くの方々が結婚式の実現を諦め、悲しい想いをしました。結婚式当日だけでなく、結婚そのものが、結婚したその後の人生がずっと幸せであり続けるために私たちができることを実現し続けていきたい。家族が幸せであり続ける未来には、人が人を思いやり、心豊かに、全ての人が生きやすい笑顔溢れる美しい未来があると信じています。何世代先も幸せと美しさで溢れる世界であり続けるように私たちが今できることを最大限チャレンジしていきます。それが私たちのパーパス(存在目的)であり、志命です。

BELIEF

ビリーフ|信念


美意識 × 創造的活動を広め、
人生をより豊かなものへ


​誰しも完璧な人間は居ない。それでも完璧さを目指すのは人間の本能であり、美しく生きたいと想う心もまた、本能である。日本は古来より生まれ引き継がれている伝統文化が数多くある。そこには世界に負けない美しさとクリエイティビティがある。美しさは自身の生き方にも大きく影響を与える。自分も他人も地球も全てを大切にできる人間になるため「所作、姿勢、身だしなみ、調和、思想」などの美意識を高めることが、必要であり最も重要だと感じている。人間は誰しも完璧ではありません。自身の矛盾と向き合いながら「美意識を高める」ことを追求し私たちは正しい生き方ではなく、美しい生き方を目指します。

VALUE

バリュー|行動指針


5つのPEACEを大切にする

Person|人

人を大切に。それ以上に自分も大切に。自分の価値観だけを押し付けず、人の価値観をしっかり理解すること。そして自分自身の価値観や本質を大切にすること。自分自身の幸せから逃げず、誰かの幸せを想う。

Earth|地球

これから先の未来を支えていくのは子どもたち。その未来が笑顔溢れる世界であってほしい。何世代先も幸せであり続ける未来であってほしい。そんな持続可能な未来を守るため、サスティナブル素材を使用した生地や資材、地球環境に優しく使い手にも作り手にも安心安全な食材やものにこだわる。子どもたちの未来、家族が幸せであり続ける未来を守る。

Attractive|美しさ

外見的な美しさではなく、人を惹きつける魅力的な美しさを目指す。美しさは生き方にも大きく影響を与える。「所作、姿勢、身だしなみ、調和、思想」などの美意識を高めることを常に追求し、私たちは正しい生き方ではなく、美しい生き方を目指す。

Creative|創造性

Society 5.0の時代に入り、IoTやAI、ロボットなどのデジタル革新に伴い、私たちに必要となるのは、社会の課題を解決し、新しい価値を創造すること。そして、これまでの社会の枠に囚われず自由に発想する力。主体性・本質を理解する力・創造力と発想力、これら全てを身につけるよう努力する。

Empathy|思いやりと共感

ただ共感するのではなく、心を共鳴すること。相手に同情するのではなく、相手の立場に立って、気持ちを分かち合える力を養う。そして人に優しく、人を思いやれる心を常に保つことを決して忘れてはならない。人に思いやるのと同じくらい自分自身にも思いやる。正しいかどうかではなく、常に美しいかどうかで考える。

DREAM

ドリーム|夢


PEACEの頭文字で掲げた『VALUE』にもいれてあるように、時代が変化しても、ずっと変わらないDREAM(夢) は、世界平和です。まだまだ未熟で小さな会社なので、出来ることも限りがあるかもしれない。だとしても、自分たちに出来ることは全力で挑戦したい。世界中の人たちの心の平和が守られるように。世界中の子どもたちの笑顔がずっと溢れる世界であり続けるように。心から願い、祈ります。

company story

1 はじめに

従来の結婚式は、カップルが自分たちで好み・条件にあった式場を探し、式場専属のプランナーとプランに沿って結婚式の内容を決めていました。そこでは式場で決められた業者・アイテム・演出を選択していきます。ところが、近年では結婚式に対する目的が変わってきています。

 

― カップルの「ふたりらしさ」を表現した結婚式

― ゲストの「心に残る」結婚式

― 両親・家族に人生最大の「感謝を伝える」ための結婚式

結婚式に対する「想い」や「意味」を大切にするカップルが増えています。

つまり、式場で決められた世界だけでは足りなくなってきています。

 

私たちは、1組1組に寄り添い、結婚式の選択肢を増やしていくため、2010年に新しい自由なカタチのプロデュース会社を創業しました。

新しい人生のはじまりである「結婚」が、どんなはじまりにするとお2人にとって最も価値が高いかを大切に、すべての人の心に刻まれる結婚式をご提案します。

2 創業当初

私たちのはじまりは、一軒の倉庫から。ぼろぼろの倉庫の奥に、6畳ほどの事務所スペースに机とパソコンを置いて、お客様との打ち合わせは喫茶店で行っていました。創業当初は、まだまだプロデュース会社の認知度が低く、フリーランスであった弊社は、お客様の親御様に不信感を抱かれることもあり、2011年12月に株式会社に法人化し、丸の内に綺麗な事務所を設けました。

それからは口コミで広がり、2014年には1年で50組以上のお客様をプロデュースする会社になり、当初は2会場しかなかった提携会場は、現在200会場以上になりました。

3 転機となる結婚式

私たちの会社に来るお客様で多かったのは、「今契約している結婚式場に不安を感じている。」「さまざまな式場を見学したが、自分たちに合った式場が見つからない。」という相談が大半を占めていました。その中でも印象に残っているお客様は、

「たくさん式場を見たけど、いまいち自分たちがピンと来る場所がなくて、迷子になってしまいました・・・」というお2人。

 

よくよくお話を聞いてみると、ゲストのために時期は春頃。ゲストのために交通の便がいいところ。ゲストのために広い会場で、ゲストのためにびっくりする演出を・・・。と、ゲストの事ばかりで、「自分たちのため」が抜けていました。

ゲストはどんな人たちがいて、どんな思い出があるのか。自分たちはどんな人生を歩んできて、これからどんな人生にしたいのか。2人の「想いを」を中心にお話を伺いました。

 

さまざまなお話を伺い脳裏に浮かんだ場所は、「告白をして付き合い始めて、さらにプロポーズをした展望台」でした。とっさに「2人のはじまりの場所である展望台で挙式はいかがですか?」と提案した私に、「それだ!それがやりたい!できるんですか?」と新婦は目を輝かせて立ち上がりました。「正直まだ分かりませんが・・・なんとか交渉してきます!」とお答えし、私たちの会社にとって新しい常識が生まれるはじまりの瞬間となりました。

 

 

4 特例という前例

なんとか展望台の担当者と連絡をつけ、交渉に伺った私に突きつけられたのは、「前例がないので、できません。」という言葉でした。

家族・親戚に大人になった姿を見せるために、あえて2人がはじまった日に、はじまりの場所で誓いを立てたい、という想い。

2人にとって「けじめ」をつける場所として選んできたこの特別な場所で、新しい人生の一歩を迎えたい、という想い。

すべて話した結果は「NO」でした。

「NO」を突きつけられ、悔しくて悲しくて、事務所まで泣きながら帰りました。

それでも翌日から何度も連絡を取り続け、「前例というのは“特例”があって、前例になるのです。今回を前例にしてください!」というしつこい交渉の末、ついに「YES」をいただきました。

5 実現こそ私たちの誇り

はじまりの場所での結婚式を無事にプロデュースしたあと、私たちの会社にはさまざまな「特例」の相談が舞い込んできました。

 

― 絶対誰もやったことのない場所(倉庫)で結婚式をしたい

― 思い出の場所「水族館」で結婚式をしたい

― 生まれ育った「自宅」での結婚式をしたい

― キャンプ場でフェスのようなウエディングパーティーがしたい

― 日本を感じられる国際結婚式をプロデュースしてほしい

― ナゴヤドームでの結婚式しか考えられない!

本当に数えきれないくらいのさまざまな相談があり、その都度叶えてきました。

気がつくと、倉庫や水族館、自宅、キャンプ場、文化財や歴史的建造物、そして海外、と実績が増え、提携会場の数も全国でトップクラスになり、東海だけでなく、東京・大阪・京都・滋賀・和歌山・沖縄・・・と、さまざまな地域でのプロデュースも増えていきました。

 

 

6 特別が当たり前に

創業当初は、珍しかった私たちのプロデューススタイルも、今では業界全体に浸透し、当時の特別は「当たり前」になりました。当時バカにされてもずっと言い放っていた「プランナーから選ぶのが当たり前の時代が来る!」は本当にその通りになってきました。

そんな時代になった今、さまざまなプロデュース会社が増えた今でも、私たちがずっと変わらない軸は「笑顔の人生をつくる会社」であること。

私たちがもっとも大切にしているのは、結婚式の日だけおしゃれで楽しくて幸せ、ではありません。その後の新しい人生がずっと幸せでい続けられるような、お2人にとっても、家族や友人にとっても、ずっと心に刻まれる特別な「はじまりの日」をプロデュースすることです。これからも「特別なはじまり」をつくり続けていきます。